銀行系か消費者金融系かキャッシング比較

最近は銀行系のキャッシングが増えてきています。
その特徴は割と大きめの金額の融資する印象で、少額の融資を提供する考えはほどほどにしているように見受けられます。
少額融資は消費者金融系のキャッシングに多く見られ、比較的客層が分かれているようなイメージです。
ただ、銀行系は親元から借入するというメリットがあり、金利が低くなっていることが多く、金額の割には返済に苦労をしないというのが良いところです。
もちろん、銀行系には信用という強みもあり、利用者としては安全に借入できるというイメージがあって人気となっています。
また、消費者金融やクレカ系企業のキャッシングは総量規制の対象となってしまいます。
それに比べて銀行系は対象とはなりません。
というもの、総量規制は元々消費者金融をターゲットにしており、銀行は当然その中に含まれていないのです。
ちなみに総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収などの3分の1までに制限される仕組みのことを言います。
このようにメリットだらけのように思える銀行系ですが、一般の顧客が利用する際、審査が消費者金融に比べて少し厳しくなっているという現実もあります。
当然のことながら年収がそれなりにある普通のサラリーマンであれば全く問題なく借りられるのですが、銀行によっては年収の最低金額を決めてしまっているケースもあるので融資を受ける場合は事前に知っておく必要があります。
それに対して、消費者金融系のキャッシングは所得の低い人でも借りられるような条件になっています。
つまり、審査において、柔軟さやスピードがあり、一定条件さえクリアできれば、申し込んだその日のうちに借入できてしまうことも多いです。
また、コンビニのATMとも多く提携しており、利便性や条件において銀行系を上回っていると言えます。
もちろん、手軽かつ便利に借りられる分、銀行系に比べて少しだけ金利が高くなるケースが多いです。
また、融資される限度額もやや低めに設定されています。
ただ、消費者金融系のキャッシングは数多くのサービスがあることで知られています。
初回であることや期間を限定して、金利0%で融資を受けられるようなサービスも登場していますので、自分に合った会社を選べば満足できる可能性も高くなります。
このようにキャッシングは銀行系か消費者金融系かで異なることも多いです。
自分に合ったサービスを受けられるのはどちらの系統なのか、事前に調べておくと無理なく借入できるのではないでしょうか。

最新記事

素敵な出会いを探そう

リーズナブルに美味しいお寿司を食べるなら新橋へ

リーズナブルな金額でうまい焼肉を渋谷で

タウン情報を提供している中央林間駅より徒歩2分の不動産会社

タイ料理の新たな体験を恵比寿で

下半身もしっかり鍛えていける葛西のボクシングジム

体外受精についての理解を深めたいなら、是非ご一読ください。

プライバシーマーク取得のデメリットは?対策はある?

自由にお金が使えます

パートもアルバイトも借りられます


記事が見つかりませんでした

愛車の査定、売りたい方には断然お勧めのサイトです。

ハワイでのドライブを楽しむには

クレジットカード現金化の優良店を判断する

相続を弁護士に相談するメリットとは

記事が見つかりませんでした。

ページのトップへ戻る