大正5年(1916年)に創設された東京医科大学病院で後期臨床研修医を募集されていました。
興味のある整形外科の案内を拝見したのですが、とても魅力的でした。
現在東京に医学生の従兄弟が住んでいるのですが、整形外科に興味を持っていたのですすめたいです。
従兄弟は医大で運動部に所属しているのですが、激しいスポーツでしょっちゅう故障をしており、それで何度か治療を受けて整形外科に興味を持ったようです。
そういえば、整形外科の先生はがっちり体系のスポーツマンタイプが多いですね。
ちなみにその妹も医大に進もうとしているのですが、妹は自身が胃腸が弱いことから消化器内科の先生になりたいと言っています。
体験した分野や興味のある分野に行く傾向にあるようですね。
歴史ある東京医科大学病院で研修を受けられたらその後の成長も早いのではないかと思いました。
きょうだいそろって同じ病院で研修を受けられたらいいですね。
そしてその後も働かせてもらったら患者さんからも受けるのではないでしょうか?
これからという時の進路の選択は大切ですね。
それがその後を決めると言っても過言ではないのではないでしょうか?
ぜひいいところでいっぱいお勉強をして、立派になって欲しいです。
→関連ウェブサイト←

ページのトップへ戻る